人気ブログランキング |

妬み嫉みも長い付き合い

6月18日(火) 

なんと! 破竹の三連休最終日!!!
(来週・再来週と週末日曜日×1日休みオンリーの前借り)

おざなりにするにも ほどがあるぜ!・・・ って云うの? 
ライダーの風上にも置けないぞ!・・・そもそもライダーなの?

・・つうくらいな フロントタイヤの摩耗を慮り(?)

行ってきました 
八王子のタイヤショップ・ファーストへ!!
毎度まったく代わり映えのない DUNLOP TT100GP

「マスター!いつもの」

b0099825_17363379.jpg

もう何をかいわんやな 大将の手際! テクニック!! 
そしてアンビリーバボー! なほどリーズナボー!!!

品川から山梨へ 移住と同時に購入した750フォアだもんで
既に足掛け18年 フシドを伴に したことに・・・。 

バイク歴四半世紀以上 自身22台の単車変遷で 
ダントツの最長老。長女カエと同じ年月の付き合いだもん。

b0099825_17364064.jpg
先月の隼との奥多摩ツーリングでも(写真は柳沢峠ね)
三倍界王拳を お披露目することもなく無事に・・。

・・・つうかこの時 既にフロントタイヤ逝ってるもんで
たぶん かめはめ波だって 出せなかったかもしんない。



b0099825_17364416.jpg

帰路の甲州街道沿い 相模湖インター出口側
ツーリングマップルにも紹介されてる 
洋食レストラン「てんすい」にて 

ポークカツカレー・ランチ 950円を
引きこもりには珍しく 
立ち寄りメシにて 御馳走さま!



・・・にしても 振り返って今日1日


行きのコンビニで 
やんちゃな初老のオジサンに・・・

「 キャロル? クールズ? 懐かしいねぇ~!!」

大変有り難いこと 
お懐かしい暴走時代の族な話に花が咲き・・・

帰路に立ち寄った 
車・バイク用品店の駐車場では・・

「 私もK0に乗ってたんですよぉ! 
  今はGL1500に ステレオ・バックギア付きだけど 」

外車から降りてきた 
大変品の良い初老のオジサンに声をかけられ・・・。 


おめぇさん(←フォアに話しかけてる体で)
ホント有名人(車)なんだねぇ・・・。

おいらマジ そういう嗜好回路ねぇからさ
何か悪いっスねぇ 有難味の無ぇ 不調法対応で。

そもそも シャッター無しの
青空ガレージだし・・。(父の書斎だがな)

何なら娘の高校送迎とかで
ワンヘル+短パンで タンデムだし・・。(脛火傷したけど)

たまに林道未舗装路とか見つけると
平気の平左で 入ってっちゃうし・・。(後輪に釘刺さったね)



・・・つうか俺 
何で卑屈になってんだぁ?(嫉妬笑?)









 

# by sohmam | 2019-06-18 18:55 | CBに… | Trackback | Comments(0)

父のヒィ~ッ!

6月15日(土)

17時仕事あがり のち 帰宅してSEROWからWIZARDに乗り換え
オクサマ実家品川まで 家族を迎えに 往復160㎞!

b0099825_19192675.jpg

それは 大変ありがたいこと 
頂戴した劇団四季のチケット(感謝)
大井町かな? 「ライオンキング」鑑賞に赴く
浜松から長女カエ帰省 + 次女チエ×2名。

そして引率のオクサマ+長男トモキも 山梨へ送還すべく 
夜空に続く滑走路 中央フリーウェイな夜22時過ぎ。

b0099825_19193288.jpg

翌日 6月16日(日)

久しぶり家族団欒 早夕飯の焼肉パーティーのち
オクサマ・トモキ・チエに見送られ 後ろ髪をひかれつつ

父と二人きり 一人暮らしの生活援助物資を満載した
カエを浜松まで送還 WIZARDで往復520㎞!
草木も眠る丑三つ時 東名フリーウェイ経由な 
真夜中26時過ぎに 単身山梨帰還。



本日 6月17日(月)


オクサマ仕事 子供たち学校を イイコトに・・・

トウサンやっぱり ナナハンフォアで逃避行
天目山温泉の渓流沿い露天風呂で 
山ゼミの鳴き声に癒された 往復90㎞!

b0099825_19194037.jpg

b0099825_19194316.jpg

b0099825_19194600.jpg
おーっ! 2日間の走行距離 800㎞!! 近いやんけ!(笑)

1年に数回しか着ない BARBOURのオイルド・ジャケットに(英国製)
25年以上履いてる 英国製ワーク・ブーツで オサレして・・・。
(山梨の山の中だけどね)

ご褒美の 金色 DEMITASSE PREMIUM!!
どうだ! ウラマヤシイ だろう!! (恥笑)









# by sohmam | 2019-06-17 20:02 | CBに… | Trackback | Comments(0)

ハ・タ・チ・

2019年5月29日

長男トモキさん 
無事ハタチの誕生日を迎える。
オメデトウゴザイマス!!

b0099825_16230283.jpg

たとえ 20歳だろうが 何だろうが(?)
誕生日ケーキに ネームプレート
部屋の電気を消して ロウソクに火を灯し

もちろん家族の・・・

「♪ ハッピバ~スデぇ~トゥ~ユぅ~ ♪ 」

・・・お見舞いされるのは 
これまでも これからも 恒例のこと。

b0099825_16230752.jpg

幼稚園の時 自分で描いた絵の湯呑を
ハタチになった今でも 使い続けてる君は
悔しいけど ちょっとカッコイイぞ!



オクサマと一緒になって(7月25日入籍)
翌年の5月に 君が生まれたから

夫婦になって20年。
君が生まれて20年。

親子になって 
20年の付き合いだね。
オクサマと一緒じゃん。

b0099825_16231050.jpg

披露宴も 新婚旅行も
僕ら やっても行ってもないけど

君が生まれて 親子になれて
長女カエが生まれて 家族になって
次女チエが生まれて 世界が出来て

いつしか 
5人みんなで お出かけするのが
父さんと母さんの 
一番の楽しみになりました。

だから感謝こそすれ
何の後悔も無いよ マジで。

子育てがどうの 
勉強がどうの
お金がどうの

そんなもん 微塵も厭わない
あっという間の 20年でしたよ。

これからも
元気で楽しく 愉快に過ごしましょう!

どうもありがとう。
そして 
おめでとう。














# by sohmam | 2019-06-09 17:06 | 家族と… | Trackback | Comments(2)

ホリデーはイタリアン

5月26日(日)

長男トモキ 前日より 
日本百名山の秩父・両神山にてテント泊。

それは大学のサークル・ワンダーホーゲル
男ばっかで(笑)一泊二日の地獄(絵図)
合宿不在をいいことに・・・・

奥さまと次女チエを連れだって
奥多摩 道の駅小菅にあるイタリアン
「源流レストラン」でブランチ!

b0099825_18513110.jpg

何と! ここ2カ月で三度目の来訪か?
初訪・2回目と娘ちゃん2人を連れだって すっかりご満悦!!
ゆえに 奥さま連れてこなきゃって寸法さね。
b0099825_18514386.jpg
さすが役得な次女チエ! 
3度目ともなると 店の雰囲気に合わせて
ファッション・コーディネートしてみたとさ!

b0099825_18514812.jpg
石窯で焼くマルゲリータ・ピザを
奥さま大変お気に入りのもようで 父も安堵。

b0099825_18515213.jpg
チエはとにかく ジャーマン・ポテトが「ボ~ノ!」らしい。
なまら ジャガイモ好きですね 君は。


b0099825_18515542.jpg

柄にもなく こんなシャレオツ ブランチも
たまには 良いですなウン。

b0099825_18515887.jpg
山小屋隣接テント泊から帰宅後の長男トモキ。
今回の米炊きは「80点」との厳しい報告。

・・・つうか 山ガールとか 
現地調達~ナンパしろやぁ~っ!!

b0099825_18520240.jpg

女性チックな お店とはいえ
山に緑に囲まれて
(バイクがうるせぇ~なぁ~っ! だからバイク乗りは・・・)

大変おススメの お店ですハイ。







# by sohmam | 2019-05-27 19:23 | 家族と… | Trackback | Comments(0)

花鳥風月

5月20日(月) 休暇二日目。

昨日 休暇初日。

来週のSUZUKI 隼とのツーリングに備え
長男トモキに譲ったナナハンの(未免許取得:笑)
OIL交換(+オイルシーリング剤投入!)と
バッテリー新品交換(中国3千円の歴史)を
朝んぽカフェ帰宅後の AM8時前に終え

そう馬力は約3倍差!!(67馬力 vs 197馬力)も
まぁ裏庭(奥多摩・柳沢)ご接待走りなうえ
いざとなりゃ 3倍界王拳を繰り出して駆れば・・。

その前に久しぶりに 暗くなる前まで
庭木をガシガシ刈って 芝をコロコロ刈って
応接間から眺める とても気持ちの良い景色を手に入れ
心もちもスッキリ! 花木緑に囲まれて嬉しかった。

b0099825_15025017.jpg

今朝 市役所へ手続きに赴いた その足で(TLR200)
書類と一緒にリュックに忍ばせた タオル一丁背中に
甲州街道を西へ 笹子トンネルを越え一路。

新緑眩しい いつもの天目山温泉で山渓に抱かれ
奥さまパートで汗水、子供たち学業に勤しむを労う

父は帰路のスーパー 夕飯仕込みがてらの買物先で
(今夜はキーマカレーね)
あまりにカワイイから♡ 
こんなお花鉢を買っちゃいました!!

・白い紫陽花(アジサイ)の鉢 980円也

48歳の加齢臭かぐわしき おっさんが
36年前式トライアル・マシンのハンドル片手に。
(しかも もう片手には夕飯の買い物袋提げて)

この子ったら 
陽を当て過ぎず  少し日陰気味な場所で
だけど お水はたっぷり欲しがるんだって♡

歳をかさねるごとに 
花鳥風月の順番に愛でるって云うけどさ

花・・・・既に庭木を愛でて
鳥・・・・カレーの具は 牛より豚より鶏が断然好き!
風・・・・ブログ・タイトル「風にあおられ」
月・・・・妻は自らを「宇宙人」と称してやまない
     ※国際結婚ならぬ 銀河際?


そろそろ夕飯の支度しねぇと・・・・















# by sohmam | 2019-05-20 15:58 | 思いを… | Trackback | Comments(5)

展と展。

3月6日 八王子市夢美術館にて

「チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ」展を
奥さま・カエ姉ちゃんと一緒に」。

b0099825_11422960.jpg
奥さま通勤電車の中吊りポスターを一目見て
「是非に行きましょう!」 
熱望した展。

b0099825_11423690.jpg
毎度 八王子市夢美術館のラインナップは
非常に良いところを突いてくるね! 素晴らしい!!

かつて訪れた・・・ 
「タツノコプロ展」「ますむらひろし展」「たむらしげる展」等々

まったく目が離せない。
センスを感じるね。(←偉そうだな)

今度は 松本大洋あたり・・・ いやいや人気あるから
つげ義春 特集あたりを是非に。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


b0099825_11424025.jpg

5月8日 上野公園内いつもの場所で(何度来てるの!笑)
「大哺乳類展2」を 奥さまと二人で。   

b0099825_11424509.jpg

b0099825_11424951.jpg

b0099825_11425246.jpg


b0099825_11425686.jpg

b0099825_11430048.jpg

上野でブランチ 取って返し

東京駅の大丸デパートで(田舎者笑) 
頂いた子供たちの入学祝いお返しを所望し

やっぱり人の多さに 少し辟易としつつ

帰路の車窓からのぞむ 高尾から先 
相模湖~自宅 四方津駅までの山並みに

やっぱり僕ら家族は 
とても素敵な場所に住んでることを
再認識させられる。


もっと田舎でも良いね 奥さま!
子供たちが巣立ったら
四国は愛媛あたりでも・・・。(夫笑)










# by sohmam | 2019-05-19 12:13 | 家族と… | Trackback | Comments(0)

ワンダー・フォーゲル ランド

ふりかえって・・・  
2019年3月27日(水)

b0099825_16442657.jpg
公立の文化芸術大学に進学した 長女カエが
山梨を離れ 4月から静岡県浜松で一人暮らしゆえ 

思い出作りに家族5人揃ってと 
やはり春から地元の県立高校へ通う 
次女チエの提案を容れ

家族5人で仲睦まじく 夢の国を訪問する の巻。

b0099825_16442901.jpg

実は前日まで。 

大島へ渡航。3泊4日のワンダー・フォーゲル部での
海辺キャンプ・テント生活(無料らしい)を強いられていた、否満喫?
法政大学2年生の長男トモキ。

b0099825_16443240.jpg

何だかの小面憎いキャラクター装いの子供たちや
得手しておよそ学生とは思えん!(なんちゃってなのか?)
お揃いのセーラー服姿の女性たちが(ウーマン・リブ?) 

期待に胸膨らませて 夢の入り口へ向かう
浮足立った その陽気な浮かれポンチの流れを 

b0099825_16443523.jpg
掻き分け掻き分け~逆走し

知るヒトぞ知る! 本格的な山装備
MAMMUTやMOUNTAIN HARDWEARに身を包み
なんと! 70リットル大容量の
大型リュックを背負ったまま(だって前日までテント泊だし・・・)

b0099825_16443862.jpg

広大なディズニーランドの駐車場で 現地集合
ウチのV6 3200cc ISUZU WIZARD SUV四駆車まで
待ち合わせに馳せ参じ 合流した彼。(大爆笑!)

b0099825_16444350.jpg

そりゃぁ~そうだな。

夢の国へ仕様の 君の服や靴は 
あくまで車の中だもん。着替えねぇ~と。

b0099825_16444659.jpg

つうか遠目から近づいて来る 君を見つけたらさ
(人並みを掻き分けて近づいてくる超迷惑千万な輩) 
いったいどこの登山者よ! そのものだったよ・・・。

b0099825_16445035.jpg

つうか! オメぇ~さぁ~っ!!

その格好で 三大マウンテン 登って来たの? 
(ビックサンダー・スプラッシュ・スペース)
もう腹を抱えて大爆笑!!!!!

のっけから。つうか夢の国の入り口に辿り着く前で。 
もう家族全員 腹を抱えて笑わせていただきましたよ。

チエ(高1・次女)は 
「知らない人のフリ」してたけどね・・・(ボソッ)

b0099825_16445333.jpg

カエちゃん。

別段 地球の裏側に留学したわけじゃあるめぇし。
帰郷したら 今度はさぁ 

ワンダー・フォーゲル部 トモキ隊長の先導で
センターオブ・ジ・アースへ 行くさぁ! 
(シーだ! シーっ!!)


そんで世界どころか 地球の中心で 
家族と絶叫!(愛だろ愛♡) 
叫べばいいじゃん。(×2回云ってるね)


トモキは 海パン・シュノーケル姿で 現地集合な!
(またはウエットスーツなダイビング装備に酸素ボンベな)

どうでもいいけど・・・ 
一切写真の内容に触れてないのが また・・・。












# by sohmam | 2019-05-07 17:10 | 家族と… | Trackback | Comments(0)

ラヴ ・ ズッキュン!!

ブレードランナー2049を観た。(×5回)

b0099825_20422083.jpg

世間一般、あるいは初作に思い入れが深い方々にとって、
これほど期待と不安が入り混じった複雑な思いで観た映画って
本当に久しぶりではないでしょうか?


かくゆう私も高校生の頃、キューブリック「時計じかけのオレンジ」と同じく
再演・映画館に5回は通いました。(×未来席ブラジルとの2本立て然り、
池袋の文芸地下が多い?)そのうえ男子校の卒業アルバムに「ショーン・ヤングが・・」
なんぞ恥部文を連ね、大学卒業後、18年間デザイナーを生業にしたキャリアの
(今は印刷業だけどね)間違いなく影響を受けた「サイバー・パンク」なんぞ称賛と、
そのセンス・世界観に青年期を魅了された一人だと思う。
だけど間違っても「SF映画史上最高傑作!」だとは絶対に思わないけど。
(↑ここ複雑だけど後で分かるハズ)


なんぞ長い前振りをしておきながら、
今ここに(正確には先週。5回目を自宅で鑑賞して・・・)駄文を連ねる也。


「 初作より今作(2049)んが 断然好き! 」


ハッキリ! 云い切ってしまいます。
世間の評価なんぞ知ったこっちゃねぇ~っ!(そもそも天の邪鬼?)
それくらい傑作だと思う。(全然まったく世評は読んでいません!キッパリ!!)


美しい映像は言わずもがな。僕が語る蛇足は不要。


あえて書きたかったのはさ 
主人公はもちろんのこと登場するレプリカントたちの場面々々、
その時その時の心情を慮るともう切なくて、哀しくて、
涙がチョチョ切れちゃうわけですハイ。


これはたぶん、子を持つ親として。


自分のものではない記憶と知りながら
ある意味去勢されたレプリカントたちが(人間に危害を加えないの意)
理不尽で愚かな人間たちに、それでも愛されたいと切に願う気持ちがさ
子供が親に好かれようと振る舞う所作を思い起こさせる。


「子供は親を選べない。」

幼気で悲しげで、時に報われない悲しい愛に、被るのよ私的に。
(いきなり飛躍してゴメン)


とくにラヴちゃんはさぁ(←鬼宇宙娘人でも石田純一の娘でもないよ)
天使に、第二のレイチェルに選ばれたかったんだろうねぇ・・シミジミ。(献身涙) 
そこがプリスやゾーラと異なるから(初作)、余計に可愛そうで悲しいのよ。


主人公と初めて会うシーンから。

二人でタイレル社での録音会話(レイチェルとデッカード初顔合わせシーン)を
聞くシーンで、完全に重ね合わせてるじゃない過去と現在のシーンを。
この場面の二人の会話・心情を慮るだけで泣けます私!

デッカードはその瞬間にレイチェルに焦がれ、
成就し、二人に奇跡(新しい命が誕生)が起こる。

だけどラヴちゃんはウォレスの天使になるべくして奮闘し、
逆に二人殺し合いの末に命を絶たれる。(涙)


生まれたばかりのレプリカントをウォレスと品質検査(?)する場面。
主人公の上司を葬る場面。主人公の二次元彼女を(装置)踏み潰す場面・・など。
実は彼女がメインではないかと見間違うほど、
丁寧に心理描写されているのも対比効果的ですね。


「大切なもののために命を捨てるられることこそ もっとも人間らしい行為」


・・・的なことを地下組織の革命家ボス・ババアが主人公に諭すじゃない。
(↑ 全然正確ではない謝)だからデッカードを殺しなさい。
人間とレプリンカントを繋ぐ、救世主の「娘」を守るために、って。
それが本人(デッカード)が1番望んでいることだって、さ。

あそこって得心するシーンじゃないからね間違っても。
(俺だけがそう思っていてもいいのだ!)
結局おまえらも目的遂行のために手段を厭わない(革命)
人間の本当の気持ち、親の本音が慮れない
(擁護するならレプリカントに生殖機能はないんだもんね。
いくら奇跡ったって子を持つ親の心知れず)
エゴイズムな人間と(歴史)何ら変わらないって、眉をひそめる場面ですから。
(まぁ当の主人公はたぶん気付いてないでしょうけどね・・・そこがイイんだよねぇ)


だけど主人公ジョーは「死んだことになるから大丈夫」って
デッカードを娘に逢わせようとする。自らの命を顧みずに。


それは誰よりも 本来の人間であるべき行動を選択すること。

彼は自分がもしかして「特別」だと勘違いし、落胆したように思えるけど
ある意味、人間以上に「特別」であったことを、
映画を見終わった私達が悟り、心を震わせられる。

見上げれば青空を自由に羽ばたく鳩を放った、
ルドガー・ハウアーを重ね合わせてながら・・・。


僕が勝手に好きだった かつての初作ブレード・ランナーはさ
映像とか表現とか世界観とか、そういうものだけじゃなかったの。
(だからSF映画の最高傑作ではないの)

レプリカントって云う「人間の身勝手なエゴ」から(←2回云ってるけど)
逆に人間が身につまされ、救われ、教えられるっていう、そういうところなの。


鑑みると(そんなたいそうなものではないが)
同じSF映画史上最高傑作(コレは同意できる!)
タルコフスキーの「惑星ソラリス」が、
ソダーバーグの「ソラリス」にリメイクされた「相違」を思わせるかな?

奥様を失った悲しみ。もう一度会いたい切なる願い。
初作に比べ、人間の心の描写をスポイルしたソダー「ソラリス」。
まぁ何だかんだ、自身映画館に3回通った良作だと思うけど(バーグね)、

これがまた複雑な、だけどシンプルでもっとも大切な思いもあって、
残念ながらタルコフスキーには足元にも及ばないって、
偉そうに思ってる自分もまた、ダメ人間そのものだからさ・・・。(苦笑)

ブレードランナー2049。

話題作だけに、語り尽くされていると思うけど
(たぶん都市伝説なみに「知ってる?」 輩まで)
それら一切を顧みず、自らの思いを書き残したかったから。


だから オリジナル・ラヴ ズッキュン!!

( 田島貴男も相対性理論のやくしまるえつこも好きだけどね・・・)















# by sohmam | 2019-05-04 21:29 | 思いを… | Trackback | Comments(3)

スタート!!

4月21日(日)

久しぶり。 ホント久しぶりに 
とても 晴れやかな気持ちで

朝5時過ぎ。 フォアとひとっ走り
朝さんぽ コン・カフェへ辿り着けば
(コンビニでカフェ=セブンイレブンの100円COFFEE)

この2か月近い 忙しさなんて
無番後期4本出しマフラーの 白煙の彼方
お茶に浮かぶ ミルクの渦にとけゆく。

そんな なんでもないこと。

b0099825_16552487.jpg


超久しぶりの ブログ書き込みはさ
絶対このイラストを載せるんだって
そう決めてたんだぜ!

家族で訪れた 夢の国の思い出も
ナナハンとの 朝んぽ+湯浴みカフェも
全てスっ飛ばして。

長女カエが 
僕の48歳の誕生日に描いてくれた
このバースデー・カードのイラストをさ!


おーい! カエ 

元気に明るく 愉快に過ごしてるかい?










# by sohmam | 2019-04-21 17:21 | 思いを… | Trackback | Comments(4)

空から空へ。

2019年 1月3日 

走り初め。

b0099825_18493328.jpg



































みうらじゅん氏 「最後の講義」を見た。


そもそも How to に興味皆無 
誰かの思想とかに まず影響を受けることはない
心のない ひげメガネ48歳 ・・・である筈が

「そもそも 自分なんてない」ほか

あまりに心を揺さぶられる
共感しっぱなしな 名言に打たれて
ふらふら・・・ボーっと

初めてパンチ・ドランカー症状の兆候が
とどのつまり 仏の教え行き付く境地なのか?


ちょうど 
録画したこの番組を見る寸前に
車のBGMが 仕事場の方から借りた 
井上陽水の  Golden Best ~

「夢の中へ」だったのも 必然だったのかな?

♪ 探しものは何ですか?
  見つけにくいものですか?
  カバンの中も つくえの中も
  探したけれど見つからないのに

  まだまだ探す気ですか?
  それより僕と踊りませんか?

・・・・・・・・・・・・・・

みうらじゅん氏は
この曲を「非常に仏教的」と公言し

「自分らしさ」なんてことの無意味さを

「それより僕と踊りませんか?」

これこそが自分をなくすこと(空でもあるね)。

正確には 
自分とは ただまわりの人や環境に
写し出されるものだと。


番組の最後 
色紙に書いた座右の銘?

「人生暇つぶし」

氏の一貫した

「空から出でて 空に帰る」

人が死を恐れず 
死を受け入れるため 諭すための
仏教の教え・真理を

この現代に 今の世の中の人々へ
もっと分かりやすく伝えるように 
体現(大言)者として 
存在しているのではないか?

そんな風に 大袈裟に考えてしまったのは
はたして私だけでは ないと思うのだが・・・。



1月14日(月)

b0099825_18493789.jpg





































まだまだ そんな境地に辿り着けるわけないでしょ。

ただ そうありたいと願う自分が 
今ここに或ることに 気づかされましたね。うん。





# by sohmam | 2019-02-04 19:51 | 思いを… | Trackback | Comments(0)